瞬発力を鍛えるトレーニングには、立ち幅跳びがあります。

下半身の筋肉はもちろんであるが、身体の後ろの筋肉群にも効果があります。

跳ぶ時に上半身を曲げて、腕・胸・腰・脚を一気に動かして前に蹴り出していきます。

素早い反動動作が身体の収縮と解放を強化していき、身体の活動性を上げていきます。

ジャンプスクワットは、エネルギーを垂直方向に繰り出していきます。

下半身のパワーと素早い反復力を強化出来て、単発で高いジャンプを跳べる人はいるが反復ジャンプを速く高く跳べるかが重要です。


VIMOV 膝サポーター 膝バンド 関節靭帯保護 怪我防止 登山 ランニング ジャンプする バスケットボール テニス バレーボール

VIMOV スクワット時おすすめ膝サポーター

スライムトレーニングがより効果的

スライムトレーニングは、身体の前面の筋肉群を強化して爆発的な筋肉の屈曲動作と伸展でバランスを鍛えていきます。

このためジャンプの動作に安定感を与えるので、とても効果的です。

肩の瞬発力を鍛えて懸垂力も強化出来ます。

トレーニングのポイントは、頭に重りを挙げた状態から一気に力強く腕を下に振り下ろしていきます。

瞬発力を鍛えるトレーニングを行う時には、ウェイトベストやウェイトベルトを利用して行います。

正しい動作で行いながら、負荷も大きくしていき筋力を高めていきます。

軽めのダンベルを利用するのも方法の1つで、軽めであっても動きの中で遠心力が増していき筋肉の負荷を大きくしていくには効果が得られます。

腕の振りに負荷がかかるためには、体幹や肩の筋肉や握力を強化する事に繋がります。

初心者の場合は最初から重いダンベルだと正しいフォームで出来ない事もあるので、軽めのダンベルから行うと効果を得やすいです。

筋トレで効率よくカロリー消費するダンベル・バーベルエクササイズ