筋肉を付けるための食事メニューには、タンパク質は1日20グラムと言われていて摂れば摂る程筋肉になるわけではないです。

筋トレを行っている時でも、豚肉100グラム中にタンパク質は20グラム入っているのでこれで充分です。

糖質制限は行う必要はなく、糖質を摂ると筋肉の合成が促進され筋肉の分解を抑制するホルモンが分泌されます。

筋肉を付けるには、糖質制限を行わない方が良いです。

超回復をさせるためのメニューとしては、朝食はトーストで炭水化物を摂りハムとチーズタンパク質とカルシムが摂れます。

明日コーヒーで糖質で、ヨーグルトとフルーツで糖質とカルシウムとビタミンCが摂れます。昼食はご飯で炭水化物で、ほうれん草でビタミンB6です。オレンジジュースでビタミンCと糖質で、カレーでタンパク質です。

夕食はご飯で炭水化物で、味噌汁でビタミンとミネラルです。生姜焼きでタンパク質というようにすると、バランスの良く栄養素を摂取出来ます。

炭水化物はエネルギー源になり、タンパク質は筋肉の再生に必須です。乳製品ではカルシウムが摂りやすく、果物ではビタミンCや糖質が摂りやすいです。

筋肉に効果のある食品を知っていると、毎日の食事の中で意識して摂取出来るようになります。

プロテインに頼りきりになる事もなくなり、プロテインの効果も引き出せるようになります。

どの栄養素もバランス良く摂る事が、筋肉を増やしていくのに大切であるのでバランスの良い食事を作るようにします。

ジムに通う人の栄養学 (ブルーバックス)

筋トレダイエットはリバウンドするの?

筋トレダイエットはリバウンドしやすいか?