自宅でダンベルを使った筋トレに、ダンベルクランチがあります。

やり方は仰向けに寝て膝を90度に曲げて、その状態でダンベルを頭の後ろ辺りに置きます。

後はダンベルを両手で掴んだまま頭と一緒に持ち上げていき、クランチは完全に上体を起こす必要がないので少し上げるだけで良いです。

ダンベルサイドのやり方もあり、これは腹斜筋を鍛える事が出来ます。

腹斜筋は腹直筋の横にある筋肉で、脇腹の部分を指します。やり方はダンベルを持って真っ直ぐに立ち、ダンベルを持っている方に身体を傾けてお腹に力を入れてそのお腹の力で真っ直ぐに戻ります。

お腹の力で身体を戻すように意識をして、腕の力はいらないです。

腕はあくまでもダンベルを持っているだけで、力を入れないでだらりとさせています。

その上で腹斜筋の力だけで身体を起こすようにするのがコツで、腕の力を抜いて握力だけで持つようにします。

腹筋の力だけで身体を真っ直ぐに戻して、繰り返していくだけです。サイドベントはかなりの重量を上げていても、結構行う事が出来ます。

他の運動では10から15キロくらいが限界の人でも、サイドベントなら20キロで行っても物足りなさを感じます。

慣れてきたらサイドベントは直ぐにかなりの重量でも行えるようになるが、その代わりに握力が付いていけなくなってしまいます。

腹斜筋の限界の前に握力の限界がきてしまうので、このようになった時にはリストストラップを使うようにすると良いです。

FIELDOOR カラーダンベル 5kg×2個セット エクササイズ クロロプレンゴムコーティング

バーベルを使ったエクササイズのやり方はこちら

筋トレで効率よくカロリー消費するダンベル・バーベルエクササイズ